お台場の肉フェスのお役立ちレポート

ライザップの口コミの真相を暴く > その他 > お台場の肉フェスのお役立ちレポート

お台場の肉フェスのお役立ちレポート



お台場に肉フェスに行く予定の方は本サイトを必ず読んで行ってください。

大きく注意点は、以下の3点です。

①SuicaやPasmoに1万円以上必ずチャージしていくこと!
肉フェスでの支払い方法は、SuicaやPasmoか当日購入チケットの方法があります。現金での購入はできませんので注意です。 そして当日購入チケットは、30分以上の行列ができています。 SuicaやPasmoのチャージは近くのゆりかもめの東京テレポート駅でしかできませんが、ここでも20分待ち程度の行列ができています。 必ず、どこかの別の駅でSuicaやPasmoのチャージをしていくことをお勧めします。 肉フェスのほとんどの店舗は、1品1400円で1皿になりますので、多い人では5皿、6皿、更に飲み物も持ち込み不可で1杯700円程度しますので、 1万円以上チャージしておけば安心でしょう。お腹いっぱいにしようとすると5000円では足りない可能性があります。

②並ぶ覚悟で行くこと!
2015年の肉フェスのチャンピオンに輝いた焼肉 清左ヱ門の「ハラミのレアステーキ」、肉の匠の「飲めるハンバーグ」は大人気で2時間待ちだったりします。 その他の店舗でも30分程度の待ちがほとんどですので、並ぶ覚悟で行かないとがっかりします。 ここで、さくっと購入する秘訣を紹介します。どの店舗も、鉄板のメンテナンスなどでたまに「準備中」になります。その準備中が解除された時がもっとも スムーズに購入できます。近くの店舗の「準備中」の状態はむしろチャンスと思い要チェックしましょう。

③飲み物が高い
肉フェス内は、持ち込みが禁止となっていて、アルコール類は一杯700円もします。肉フェスは食べに行くつもりで、飲み物は肉フェスを出てから別の店でゆっくりと・・というのが お勧めです。





★ダイエットに成功したい人必見★
>>ダイエット家庭教師
遺伝子検査を行いあなたに合ったダイエット食を教えてくれ、食事サポートをしてくれる画期的なサービスです。